Shelley のすべての投稿

カードローンの返済は長引かせない

 

今月ちょっとお金を使いすぎてしまった。つい、生活費まで手を出して欲しい商品を購入してしまったなど、後悔している方もいるでしょう。こんなことにお金を使うはずじゃなかったのにと、深く反省していても、お金が戻ってくるわけではありません。現状、お金がない状況をなんとかしなければならず、周囲からお金を借りるという手段に出る方もいるでしょう。友人や知人にいえば、金額次第ではお金を貸してくれるかもしれません。また、家族に事情を説明し、なんとかお金を貸してくれることで、なんとかその場をしのぐことが出来る場合もあるでしょう。

ですが、どのようなものにお金を使ってしまったのか、また、自分の状況によっては、一緒にいる家族にはばれてしまっても仕方ないかもしれませんが、友人や知人にお金を借りて、うわさでも流れてしまうのは自分のイメージダウンにつながり、できればさけたいところです。そのような場合には、カードローンなどに頼るというのも一つの手段かもしれません。ちょっと今月お金が足りないという場合には、カードローンを利用してみるのも便利なものです。ですが、お金を借りた以上は返済する必要があります。返済する場合には、毎月の返済額というものもありますが、それをきちんと払っていれば、それなりの期間、支払うことになりますが、完済することもできるでしょう。問題は利息です。(カードローン低金利のサイト)お金を借りているということは、元金だけを返済すればいいというわけではありません。利息分も返済額に含まれていきます。また、返済期間が長ければ、その分多くの利息を払うことになるため、そのような状況はできれば、対策していきたいところです。返済額なども、毎月、これだけの額を払えばいいというラインがあります。しかし、生活の状況によっては、今月は、少し金銭的に余裕があるということもあるでしょう。そのような場合には、少しでも返済額を増やして、早く完済することで、利息として払う額を少しでも減らしていくことも大切です。

カードローン借り換えの際の注意点

比較的金利の高いカードローンを複数利用している場合には、借入を一括して低金利のカードローンに借り換えすることで大きなメリットを享受できる場合があります。例えば、3社から18%近い適用金利で50万円ずつ合計150万円借りていたケースでは、一般的には、毎月2万円ずつ計6万円の返済が必要となります。これを低金利のカードローンに借り替えができた場合には、適用金利が9%前後であれば毎月の返済額が3万円前後となります。つまり、利息負担が半分となり、毎月の返済額も半分となるわけです。あくまで、一般的な事例ですが、この借り換えはそれほど難しいものではありません。

仮に、この借り換えができると、生活にも余裕が出てきますので、余資金を繰り上げ返済に回せればさらに有利に残額を返済できるようになります。このように、非常に有利な方法ではありますが、検討する場合には注意すべきポイントもいくつかあります。まず、審査が厳しいという問題がります。複数の借り入れをしている利用者からみれば、これほど便利な方法もないということになるのでうすが、貸す側からすると、多重債務者に低金利で大きな金額を貸すということになりますから、当然、審査は厳しくなります。通常は、借入先が4社を超えると非常に審査に通ることが厳しいと言われています。借り換えするにしても早めの検討が必要ということです。次に、運良く借り換えできたとしても、これで問題解決というわけではありません。中には、さらに新規借り入れをしてしまい、再び多重債務状態となる人も多いのが実情なのです。従って、自己管理が大切となりますし、できれば、返済専用のカードローンで借り換えしたいものです。返済専用とは、新規の借り入れはできない返済専用ローンというものです。借り換えでカードローンを利用する場合には、低金利であることは言うまでもなく、確実に毎月の返済額が減少し、そのうえで毎月の余資金を繰り上げ返済で返済できるようなしっかりとした返済計画を作ることが重要となります。

銀行のカードローン選びは審査を行う保証会社で選びましょう

カードローンを利用するためには最初に審査を受けなければなりません。職場の在籍状況や年収、他社からの借入状況、過去の金融事故の有無などについての情報を基に審査が行われ、利用可否や利用限度額・年率が決定されます。審査の基準は金融会社ごとに異なりますが、銀行カードローンの多くはその銀行で独自の基準で審査が行われている訳ではありません。多くの銀行や消費者金融は保証会社と呼ばれる会社に審査業務を委託しています。保証会社は元々消費者金融で審査を行ってきた部署で、何十年にもわたるデータの蓄積によって構築されたスコアリングシステムが採用されています。

保証会社ごとに基準が違うので、ローンの可決・否決の割合も異なります。これまで日本の銀行は法人向けの大口融資を専門としており、近年まで消費者金融のように無担保無保証人の個人向け小口融資には力を入れてきませんでした。そのため銀行は個人向けのカードローン事業のノウハウを持ち合わせていません。このため銀行が個人向け融資を行う際は、グループ傘下の消費者金融会社と共同で設立した保証会社を利用して審査業務を委託するようになりました。銀行カードローンであっても実際に審査業務を行うのは消費者金融系の保証会社です。ローンが可決しやすい銀行を探す場合には、カードローンサービスで銀行が利用する保証会社に着目することができます。銀行カードローンが利用する保証会社は、三井住友銀行であればSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)、三菱東京UFJ銀行であればエム・ユー信用保証(アコム)、みずほ銀行はオリコなどがあります。プロミス、アコム、オリコの3社中でローンが可決しやすい(基準が甘い)のはアコムです。このため、アコムの子会社であるエム・ユー信用保証を利用する三菱東京UFJ銀行や他の地方銀行であれば、ローンが可決する可能性が高いことになります。逆に信販会社系のオリコを利用するみずほ銀行などは基準が厳しいことが予想されます。銀行カードローンはその銀行の規模や格式などではなく、銀行と提携する保証会社によって基準が甘いかどうかを見分けることができるのです。

カードローンと審査について

カードローンを利用する為には、まず審査を受ける事になります。これは、お金を貸した後、本当に返済をしてくれる能力があるかどうかを確認する為に行うものです。カードローンというのは、担保や保証人を必要としない状態で、使用用途を問わず使えるお金を借りる事ができるサービスです。担保や保証人を必要としない代わりに、必要になってくるのが、本人に収入があり、しっかりとした返済能力があるという事です。その為、申込の際には、年収や勤務先、雇用形態等の情報を申告する事になります。

消費者金融の場合、総量規制の対象となる為、年収は限度額の設定にも大きく影響をしてくる事になります。審査では、申込の際に申告のあった情報が、業者が設定する基準に達しているかどうかを確認していきます。そして、この時に重要になってくるのが、在籍確認です。カードローンは限度額等の条件によっては、身分証明書のみで契約が可能となっています。ですが、業者にとっては、その人が本当に働いており、収入を得ているかどうかを確認しておく事が重要になってきます。その為、申告のあった勤務先に電話をして、その人が本当に在籍しているかを確認する在籍確認が行われます。業者によっては、在籍している事を証明する書類や収入を証明する書類等、業者が指定する書類の提出によって在籍確認が免除になるようになっている事もありますが、免除可能となっていない限り、在籍確認は行われます。在籍確認に抵抗を感じる人は少なくありませんが、業者側も、勤務先に在籍確認である事、消費者金融等からの電話である事を気づかれないように、確認作業を行なっていきます。ですから、勤務先に気づかれる可能性はとても低くなっています。こうした審査が完了し、問題がないと認められれば、限度額が設定され、契約となります。カードローンの契約が完了した後は、設定された限度額の範囲内で、自由に借入や返済を繰り返していく事ができます。

借りれるかどうかに関わる住宅のタイプとその理由

住宅には、2種類あります。借りるタイプと買うタイプですね。後者は、いわゆる分譲物件に該当します。 ところで分譲か賃貸かの問題は、キャッシングとも大きな関係があります。結論から申し上げれば、前者のような住宅の方が、この融資商品では借りる事ができる確率が高めになるのです

なぜなら逃げるか否かに関わってくるからです。 その融資商品に対する申込書を見てみますと、必ずと言って良いほど住宅の情報を記載する欄があります。その記入欄は、非常に大きなポイントになるのです。

持ち家か賃貸のどちらかを記入する訳ですが、それは金融会社によるチェック項目の1つになります。 金融会社としては、分譲物件を優遇している傾向があります。

つまり借り物件に居住している方よりは、分譲タイプの住宅に住んでいる方が、借りれる確率は高めになるのですね。その理由は夜逃げです。 そもそも金融会社が何によって利益を得ているかと申しますと、当然返してもらう時の手数料なのですね。

つまり返してもらわないと、金融会社に対して利益が発生しない事になります。それでは金融会社としては困ってしまう訳です。

ではどういう時に返すのが難しくなるかと申しますと、その1つが前述の夜逃げなのですね。金融会社に対する遅延が発生した場合、もちろんキャッシング利用者に対して連絡が行く事になります。

ところが稀に連絡が取れなくなってしまっている方が見られるのですね。夜逃げをしてしまっている方などは、それが非常に多いようです。

ちなみに金融会社としては、連絡が取れなくなっている時は、自宅訪問をする場合があります。いわゆる渉外担当という方がいらっしゃり、自宅に訪問して督促するケースが多いのですね。しかし夜逃げをしてしまっていると、それも難しくなってしまうでしょう。

逆に分譲物件の場合は、簡単には夜逃げできないものです。ですので金融会社としては、分譲物件を保有している方を優遇している事が多いのですね。

キャッシングを利用する単身赴任男性のふところ事情

私は単身赴任経験者です。会社の都合により家族と離れ二重生活を送っています。二重生活を送るうえで負担となるのはやはり金銭的なものです。

食費を除く生活費は自動引き落としされるため心配することはほとんどありませんが会社内でのつきあいによる飲酒・ストレス発散の飲み会やお得意様接待等で単身赴任者の財政状態は火の車です

食費をけずり飲食代を捻出するよう努めていますがやはり節約にも限界があります。こういった際に活躍するのがキャッシングです。単身赴任者の誰もがキャッシング機能のあるカードを所有し生活費や飲み会での清算に活用しています。

ただ皆さんご存知のとおり単なる借金です。通常キャッシングした翌々月に口座から引き落としされるため、引き落としされる月は金銭的に非常に切迫した状態となります。昼食は公園でおにぎりのみという状態です。

会社のため、家族のため、単身赴任し働くお父さん・おじさんのふところ事情はこんな感じです。 近くにあるコンビニのキャッシュディスペンサーでキャッシングする時、心の中で葛藤が始まります。キャッシング利用時一括支払いとリボ払いを選ぶ画面が出てきます。

心の中では一括返済としたい気持ちが大きいのですが、画面をタッチする指はリボ払いに向かっています。リボ払い(分割返済)にすると月々の返済額は小額ですが、返済に最低2・3カ月は必要になります。

ほぼ毎月キャッシングすると月々の返済は大きなものになってしまいます。 まさに負の連鎖です。 コマーシャルでご利用は計画的にとありますがまさにそのとおりです。

キャッシング機能にたよる傾向の大きい単身赴任者はカード会社の戦略にまんまとはまっているような気がしますが、無くてはならない物になっていることに間違いありません。 1・2カ月に一度家族の住む家へ帰りますが、キャッシング返済通知の内容でケンカになることも多くなっています。

今も地道に返済を続けていますが返済完了するまでの道のりは遠く先が思いやられます。 キャッシングは大変便利で急な出費にも便利ですが、先のことを少し考えて利用されるのが良いかと思います。

給料日直前のピンチ等のタイミングでよく活用されるキャッシング

サラリーマンの方々は、よく融資関連の商品を利用しています。その方々はそれを利用する理由は色々ですが、手持ちの資金に関する問題点などは、その1つです。

日常生活では色々と物品が必要になるものですが、タイミングによっては資金不足になってしまうのですね。 ではどのようなタイミングで不足しがちなのかと申しますと、それが給料日の直前になります。給料日前は、総じてお金が不足しがちですね

先月の貯蓄分がそろそろ底をついてくる頃なので、それが支給される直前などは往々にして資金が減りがちなのです。 ところでサラリーマンの方々は、そのタイミングでキャッシングを利用している傾向があります。そして、それで助かっている方々も多く見られるのですね。

例えば給料日が25日になっているとしましょう。大手の会社では、たいていその日付が給料日ですね。そしてサラリーマンの方々は、その日にちの1週間くらい前のタイミングなどで、資金ショートをしている傾向があります。

ですので、単純計算で申し上げれば18日頃などにお金が不足しがちなのですね。 ですので有職者の方々は、その18日のタイミングにて前述の融資商品を利用している傾向があります。それで助かっている方々は、非常に多いのですね。

なおかつその方々は、返済のタイミングとして25日を意識しているケースが圧倒的に多いです。25日になれば、余程のことが無い限り会社からお金が支給されます。もちろんそのタイミングに返すことができれば、金融会社に対する手数料が最小限に抑える事ができるでしょう。

25日に一括返済をする方々などは、本当に多いですね。 ちなみにノーローンという商品などは、そのニーズには最適だと思います。18日から25日の間には、大抵の金融会社では7日分の手数料が発生するのですが、ノーローンの場合はそれを無料になるからです。ですのでその会社のキャッシングは、サラリーマンの方々向けだとも思いますね。

気兼ねなくお金が借りれるキャッシングサービス。

金は天下の回りもの、とは言いますが、どうしても必要だと言うときに足りないのでは困りますね。ちょっとしたお金が必要なときというのは誰にでもありますが、そんなとき、足りないということも充分に起こり得る。

そういうときにはお金を借りるということがあります。でも、いったい誰に借りればいいのか迷ってしまいます。仲のいい会社の同僚や長年付き合ってきた友人から借りるのが一番のようにも思えますね。

あとは自分の親や兄弟から借りるという手段もある。ただ、ここで問題になってくるのは、お金を借りたことで、相手と自分との間にどういう軋轢が生じてしまうか、ということ。長年の友人との間でも、こうしたお金の貸し借りというのは特別なもので、けっこう難しいのではないでしょうか。親兄弟なら余計な心配をかけてしまうことにもなりかねない。

さらに、最悪の場合、借りたお金が返せなくなってしまったとき、これはもう大変な事態を巻き起こしてしまいますね。今まで培ってきた良好な関係をいっぺんに崩してしまうことになる。これだけは避けたいものですね。

ならいったいどうすればいいのか。ここが思案のしどころです。お金を借りるのであれば、やっぱりその専門のところで融資を受けるのが一番なのではないでしょうか。そう、銀行や消費者金融が提供してるキャッシングですね、あれを利用すればいい。

消費者金融と聞くと、一昔前に大変に問題になったサラ金というものを思い出してしまう方もけっして少なくないでしょう。でも、昔のサラ金と今の消費者金融というものは雲泥の違いがある。それは法的にもシステム的にもかなり違いがあるのですね。

今、多くの消費者金融で提供しているキャッシングというサービスは、上手に使えば本当に便利で安全なものなのですね。それに緊急の事態にも対応できるように、即日融資可能なキャッシングサービスも多くあります。

即日キャッシングは、その言葉の如く、申し込みを行ってすぐに融資を受けることができるという便利なシステムです。急な入り用にはこの即日融資のキャッシングがおすすめです。

このようにキャッシング会社からお金を借りるのであれば、同僚や友人から借りるのではないから、気兼ねなく借りることができますよね。もちろん、返済はしっかりとしないといけませんが。

借りすぎてしまうと失敗してしまう可能性があるキャッシング

業者から借りている方々は、たまに苦労をしていらっしゃるようです。 当然ですが、借りた場合は返す必要があります。ところが人によっては、それがスムーズに進んでいない事もあるのですね。

何とかして元金を減らすべく頑張るものの、なかなかそれが減少しないので、困っている方もしばしば見られます。 ちなみに、そのような方々はWEB媒体で自分の経験談なども投稿しているのですね。

他の方々の失敗例などを見てみると、色々と勉強できる事も多いです。 そしてキャッシングも、そのような事例が多く見られるのですね。しばしば人々はその融資商品に関する経験談などを投稿している訳ですが、それには1つ共通要素が見られます。それが必要以上に借りてしまっている事例ですね。 例えば冠婚葬祭のために、30万円ほど必要になっているとしましょう。

もちろんその場合は、30万以上借りてその状況を何とかする方法があります。 ところが前述の経験談を読んでみますと、30万以上借りている方々はしばしば見られるのですね。30万や20万円台後半などにしておけば良いのですが、35万や40万など多めに借りてしまっている方も見られるのです

そのような方々は、失敗している事が多いですね。繰り上げというシステムを有効活用しても、なかなか元金が減っていかない事例もしばしば見られます。 なぜ失敗してしまうかと言われれば、もちろん手数料でしょう。手数料がパーセンテージになっています。

当然ですが30万に対する手数料よりは、40万や50万などの手数料の方が、はるかに高めになるのです。その手数料の高さで返すのに苦労してしまっている事例は、意外と多く見られます。

上記のような冠婚葬祭の状況では、やはりキャッシングで余り多く借り過ぎないで、20万円台などに収める方が良いと思うのですね。手数料を節約するのは、この融資商品では極めて大切だからです。「気持ち少なめ」に借りるよう心がけておけば、大きな失敗になる確率は低いと思います。