カードローンと審査について

カードローンを利用する為には、まず審査を受ける事になります。これは、お金を貸した後、本当に返済をしてくれる能力があるかどうかを確認する為に行うものです。カードローンというのは、担保や保証人を必要としない状態で、使用用途を問わず使えるお金を借りる事ができるサービスです。担保や保証人を必要としない代わりに、必要になってくるのが、本人に収入があり、しっかりとした返済能力があるという事です。その為、申込の際には、年収や勤務先、雇用形態等の情報を申告する事になります。

消費者金融の場合、総量規制の対象となる為、年収は限度額の設定にも大きく影響をしてくる事になります。審査では、申込の際に申告のあった情報が、業者が設定する基準に達しているかどうかを確認していきます。そして、この時に重要になってくるのが、在籍確認です。カードローンは限度額等の条件によっては、身分証明書のみで契約が可能となっています。ですが、業者にとっては、その人が本当に働いており、収入を得ているかどうかを確認しておく事が重要になってきます。その為、申告のあった勤務先に電話をして、その人が本当に在籍しているかを確認する在籍確認が行われます。業者によっては、在籍している事を証明する書類や収入を証明する書類等、業者が指定する書類の提出によって在籍確認が免除になるようになっている事もありますが、免除可能となっていない限り、在籍確認は行われます。在籍確認に抵抗を感じる人は少なくありませんが、業者側も、勤務先に在籍確認である事、消費者金融等からの電話である事を気づかれないように、確認作業を行なっていきます。ですから、勤務先に気づかれる可能性はとても低くなっています。こうした審査が完了し、問題がないと認められれば、限度額が設定され、契約となります。カードローンの契約が完了した後は、設定された限度額の範囲内で、自由に借入や返済を繰り返していく事ができます。