借りれるかどうかに関わる住宅のタイプとその理由

住宅には、2種類あります。借りるタイプと買うタイプですね。後者は、いわゆる分譲物件に該当します。 ところで分譲か賃貸かの問題は、キャッシングとも大きな関係があります。結論から申し上げれば、前者のような住宅の方が、この融資商品では借りる事ができる確率が高めになるのです

なぜなら逃げるか否かに関わってくるからです。 その融資商品に対する申込書を見てみますと、必ずと言って良いほど住宅の情報を記載する欄があります。その記入欄は、非常に大きなポイントになるのです。

持ち家か賃貸のどちらかを記入する訳ですが、それは金融会社によるチェック項目の1つになります。 金融会社としては、分譲物件を優遇している傾向があります。

つまり借り物件に居住している方よりは、分譲タイプの住宅に住んでいる方が、借りれる確率は高めになるのですね。その理由は夜逃げです。 そもそも金融会社が何によって利益を得ているかと申しますと、当然返してもらう時の手数料なのですね。

つまり返してもらわないと、金融会社に対して利益が発生しない事になります。それでは金融会社としては困ってしまう訳です。

ではどういう時に返すのが難しくなるかと申しますと、その1つが前述の夜逃げなのですね。金融会社に対する遅延が発生した場合、もちろんキャッシング利用者に対して連絡が行く事になります。

ところが稀に連絡が取れなくなってしまっている方が見られるのですね。夜逃げをしてしまっている方などは、それが非常に多いようです。

ちなみに金融会社としては、連絡が取れなくなっている時は、自宅訪問をする場合があります。いわゆる渉外担当という方がいらっしゃり、自宅に訪問して督促するケースが多いのですね。しかし夜逃げをしてしまっていると、それも難しくなってしまうでしょう。

逆に分譲物件の場合は、簡単には夜逃げできないものです。ですので金融会社としては、分譲物件を保有している方を優遇している事が多いのですね。